全体像がひと晩でわかる!臨床研究いろはにほ
全体像がひと晩でわかる!臨床研究いろはにほ
[編 著]
山崎 力,小出大介
ISBN978-4-89775-336-2
A5判・120ページ 本文2色刷
定価 (本体2,600円+税)
2015年4月発行
■著者インタビュー
わが国の臨床研究の向上のために
山崎 力氏,小出大介氏
Ther Res Online

臨床研究の基本(いろは)が学べ,さらにもう2歩(にほ)進める入門書

これから臨床研究に携わる方,臨床研究にすでに携わっているが知識の整理をしたい方,臨床研究に興味があるが何から始めたらよいかわからない方,臨床研究論文を読まなければならない方,はたまた臨床研究は簡単にできると思っている方々,ぜひ本書をご一読ください。


ただし,本書は試験勉強のように覚える本ではありません。臨床研究に大切な基本中の基本,倫理的配慮や比較することの意味,試験計画がいかにたいせつか等を,読み飛ばしながら?でも!理解できるような構成になっています。


臨床研究に関する新たな倫理指針が2015年4月から施行されました。その重要部分もかいつまんで確認できます。著者は臨床研究の専門家である山崎力氏,さらに臨床研究のe-ラーニングに取り組む小出大介氏です。


巻末に「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」「ヘルシンキ宣言」を収載。

臨床研究いろはにほ

クリックして拡大
クリックで拡大
(一部抜粋)

本書を推薦します
一連の臨床試験不祥事の根本原因は,臨床研究の「いろは」を研究者が知らなかったことである。学校でまともに教えられないのであるから,学ぶしかない。本書で「いろは」の先まで学びたい。先にあるのは,騙されない論文の読み方であり,より良きインフォームドチョイスであり,真に予防・医療に貢献できる臨床研究である。
臨床研究はチームプレイである。役者は,「課題」を見出しチームをリードする医師研究者,デザイン・解析・出版の統計的側面を担当する試験統計家,文書作成を支援するメディカルライター,被験者ケアを担うリサーチナース,コーディネータ(CRC)とデータマネージャ,品質管理を担当するモニター,監査担当者たちである。専門性は「いろは」を基にして初めて機能する。

NPO法人日本臨床研究支援ユニット理事長
一般社団法人日本臨床試験学会代表理事
中央大学理工学部教授・東京大学名誉教授
大橋靖雄

 ■ 本書の内容 ■

巻頭skit:ある日の会話から

第1 章 臨床研究〜超基本

第2章 臨床試験(介入研究)の実際
第3章 研究結果をまとめる,解釈する
第4章 論文執筆に挑戦する