臨床研究と疫学研究のための国際ルール集Part 2
臨床研究と疫学研究のための国際ルール集Part 2
■ 編 著 ■
中山 健夫(京都大学教授)
津谷喜一郎(東京有明医療大学特任教授)
ISBN 978-4-89775-345-4
A4判/240頁
2016年7月発行
定価 (本体5,200円+税)

研究者必読の国際ルールを集約した和訳集,待望のPart 2刊行!

「臨床研究と疫学研究のための国際ルール集」(Part 1)刊行から約8年,ディオバン事件の発生などを経て,医学研究に対し社会の厳しい目が向けられるようになりました。
本書はPart 1刊行以降に新たに公表された国際ルールを多数収載。
信頼性,透明性が高い研究を実施,報告するにはどうすればよいか。
投稿された論文の質を的確に評価するにはどうすればよいか。

臨床・疫学研究を行う人から論文を書く人,読む人まで,研究に携わるすべての人に必携の書です。

エビデンスをつくる,つたえる,つかう,すべての人へ。Part 1とともに手元に置いていただきたい一冊です。

→臨床研究と疫学研究のための国際ルール集(Part 1:2008年12月刊行)はこちら

 ■ 目次 ■
1. 全般的指針

医学雑誌における学術研究の実施,報告,編集,および出版への推奨(2015年12月改訂版)
COPEによる論文不正疑い事例に対する学術雑誌の対応指針〈解説〉

2. CONSORT声明関連

CONSORT2010声明:ランダム化並行群間比較試験報告のための最新版ガイドライン
実践的試験の報告を改善する:CONSORT声明拡張版
「ランダム化試験における患者報告アウトカムの報告:CONSORT声明の患者報告アウトカムへの拡張」の解説
CONSORTグループの方法とプロセス:非薬物療法評価試験のための拡張例

3. 相補代替医療関連

鍼の臨床試験における介入の報告基準(STRICTA)の改訂:CONSORT声明の拡張として
温泉介入におけるチェックリストの開発:SPACチェックリスト

4. ランダム化比較試験以外の研究デザイン

質的研究報告のための統合基準(COREQ):インタビューとフォーカスグループのための32項目チェックリスト
遺伝子関連研究の報告の強化(STREGA)−STROBE声明の拡張
薬剤疫学研究実施のためのガイドライン(GPP)

5. システマティック・レビュー/メタアナリシス/診療ガイドライン関連など

システマティック・レビューおよびメタアナリシスの報告における望ましい報告項目:PRISMA声明
AMSTAR:システマティック・レビューの方法論的な質を評価するための測定ツールの開発
診療ガイドラインの評価:The Appraisal of Guidelines for Research and Evaluation (AGREE) II
「オックスフォードEBMセンターによるエビデンスのレベルと推奨度」の解説
診断精度研究のバイアスリスク評価ツールQUADAS-2の活用
COSMINチェックリストの解説:健康関連の患者報告アウトカム(HR-PRO)測定尺度生成時における方法論の質をチェック
「保健医療の質改善取り組みの報告のためのSQUIREガイドライン」の解説

資料

[文部科学省 厚生労働省]人を対象とする医学系研究に関する倫理指針
[日本医学会]医学雑誌編集ガイドライン