エリオット・P・ジョスリン 糖尿病診療のパイオニア
エリオット・P・ジョスリン 糖尿病診療のパイオニア
著 ドナルド・M・バーネット(ジョスリン糖尿病センター顧問)
訳 堀田 饒(中部ろうさい病院名誉院長)
ISBN978-4-89775-350-8 C1047
四六判・175ページ
2016年12月発行
定価 (本体1,800円+税)

■ 日本で初めて紹介されるエリオット・P・ジョスリンの伝記

 エリオット・P・ジョスリン医師は,世界最大の糖尿病研究機関である「ジョスリン糖尿病センター」を開設し,「糖尿病診療の父」として広くその名を知られています。今回,その生涯が本書によって日本で初めて紹介されます。

■ 糖尿病診療に携わる,医療関係者や患者さんにぜひ読んでいただきたい一冊

 糖尿病は現在でもさまざまな合併症を引き起こす怖い疾患ですが,100年前の,まだ特効薬であるインスリンが開発されていない時代の患者さんの苦しみは想像を絶するものがあります。本書では,ジョスリン医師をはじめとする医療スタッフや患者さんがどのように糖尿病と向き合っていたのか,また,ジョスリン医師の診療に対する厳しさと清廉な人柄等,彼の人生の歩みが,ジョスリン糖尿病センターの医師である著者によって描かれています。
 現在,日本の糖尿病患者さんは316万人(2014年厚労省調査)に上り,2011年調査時にくらべ46万人増えており,その数は今後も増加するといわれています。本書は,糖尿病患者さんに接する医療関係者(医師,看護師,薬剤師,栄養士)や,糖尿病の患者さんにも読んでいただきたい一冊です。

■ 目次 ■
序文
第1章 1906年―最初の住所:ベイ・ステート通り81、ボストン
第2章 1934年―2番目の住所:ベーカークリニック,ディーコネス通り,ボストン
第3章 1957年―3番目の住所:ジョスリン通り(広場)15とピルグリム通り170,ボストン
エピローグ:最後の肖像写真